読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームのメモ帳

自分自身の理解を深めるメモのようなもの

GLENN'S GALLERY / グレンズギャラリー

Riner Knizia作 2010年
3~5人用 10歳以上 60分

 

[概要]

町で最も悪名高いアートディーラー「グレン」。彼の元で働くのは容易なことではありません。確かに彼のギャラリーは多様なすばらしい芸術を扱っています。そしてスタッフ達にも専門性をもった能力を求めてくるのです。もしグレンが愚かな社員だと判断すれば、あなたの席は明日の朝には無くなるかもしれません

f:id:boardgamesendai:20161024215812j:plain

 

[大まかなゲームの流れ]

最も最近、美術学校を卒業したプレイヤーから左回りに手番をおこないます。

それぞれのプレイヤーがカードを順番にプレイし、5つのボードから最終的に何枚のカードがプレイするか予測し得点を稼いでいきます。

 

[セットアップ](3人)

f:id:boardgamesendai:20161024215722j:plain

 

[プレイと感想]

順番に手札を2枚プレイして(強制)その後ギャラリーに最終的にプレイされるカードの枚数を予測してマーカーを置きます(任意)これを繰り返して、全員が最後の一枚を手札に残した状態で、結果を計算して1ラウンド終了です。

 

予測しやすい数字は点数が低く、予測が難しい(後半にならないと予測できない)場所の点数は高くなっています。

f:id:boardgamesendai:20161024220021j:plain

予測がはずれると容赦なくマーカーが没収され、次回のラウンドで予測できる数が少なくなるのですが、慎重になりすぎると他のプレイヤーに先を越されます。

f:id:boardgamesendai:20161024220100j:plain

 ※順調に予測していても美大生のカードをプレイされると顧客が減るはめになります

 

最終的な点数計算もシビアで5点以上ないギャラリーの点数は0点とみなされます。

f:id:boardgamesendai:20161024215925j:plain

 

アートギャラリーのボードのビジュアルが素晴らしいのですが、ゲームはそんなに派手な展開はありません。始める前は、予測ってカンの要素が強いと思っていましたが、自分の手札と徐々に明らかになっていくカードで予想はできます、あとは大きく賭けるか慎重確実にいくか性格が出るゲームでした。ルールは簡単ですがカードの予測はやはりそこそこに大人向けでしょうか。

 

 

[動画]

youtu.be

 

[購入データ]

購入/東北ボードゲームフリーマーケット
値段/円
状態/新品