読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームのメモ帳

自分自身の理解を深めるメモのようなもの

2017/3/05 遊友会

参加イベント

2017年3月5日 遊友会@東部市民センター 滞在時間13:30~21:00

 

現地に着くと、若い男女が東部市民センターへぞろぞろ入っていったので、ボードゲームもずいぶん流行ってるんだなーと思い、しみじみしていましたが目的は人狼会だったようです。ワールドワイドな目線で見れば、人狼も焼肉パーティーも合コンもボードゲームだから流行っているのは間違いないですね。うん。

 

本日遊んだゲーム

 

ラブクラフト・レター / Lovecraft Letter
ラブレターのクトゥルフ版です。一枚引いて一枚捨てるだけのシンプルなカードゲーム。ラブレターよりも色々と鋭さのあるアレンジがラブクラフト・レターの魅力です。毎回例会で遊ばれているせいか、みなさん非常に読みの深い攻防戦でした。

f:id:boardgamesendai:20170306001809j:image

 

・スカルキング / Skull King
手札を場に一枚ずつ出して、一番強いカードを出したプレイヤーが勝利のいわゆるトリックテイキングですが、配られた手札を見てラウンドごとに自分の勝利数を予想し、当てるのが点数につながるゲームです。トップはとれませんでしたが、まぁまぁ健闘しました。

f:id:boardgamesendai:20170306001821j:image

 

・ARMAGEDDON / ハルマゲドン
終末世界を舞台に自身の陣地で人口を増やし、他のプレイヤーとアイテムや設備を競り合い、無法者を退治して勝利点を競います。ボードのビジュアルにベース感が満載で雰囲気がまず楽しい。ゲームとしてもキリキリしすぎない程よい優しさのゲームでした。トップ独走かと思いきや、最後のボーナスで差をつけられ敗北しました。

f:id:boardgamesendai:20170306001834j:image

 

・DREAMS / ドリームス
ランダムで1人が人間、他プレイヤーが神さまとなり、神様は人間を、人間は配置された星から選ばれたイラストを当てて点数を競います。全員が「私は神だ」「神なので当然こうだ」「神々の遊び」などと言いながら、星を配置していく様が楽しいゲームでした。想像力の豊かなプレイヤーが勝利します。

f:id:boardgamesendai:20170306001841j:image

 

ラ・グランハ / La Granja

自身の農場を発展させ、勝利点を競います。何度かプレイしていますが、毎回最後にお金や配達があと1回足りなくなるゲームです。終わると疲れますが、何故かまたやりたくなる良いゲーム。

f:id:boardgamesendai:20170306001850j:image

 

・EXTRA! / エクストラ
締めのエクストラ。5個のダイスの目を組み合わせて高得点(というよりマイナス点)を目指します。20点という高得点?でしたが三位という結果でした。

f:id:boardgamesendai:20170306001859j:image

 

その後、「今日はどこのサイゼリア行くんですか?」なんて話しながら、いつものサイゼリアで夕食会。大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

 

主催の遊友会さま、一緒に遊んでくれた方、ありがとうございました!

2017/3/4 遊ぶ会 春の積みゲー消化会&ドミニオン道場

参加イベント

2017年3月4日 遊ぶ会 春の積みゲー消化会&ドミニオン道場@木町通り市民センター 和室 滞在時間14:00~21:00

 

午前中に華麗に仕事をこなし、お昼は華麗にカレーを食し、遊ぶ会へ参加してきました。新作でも未プレイならば積みゲー。という事で持参は「デモンワーカー」「ブレーキングアウェイ」「ヒット・ザ・ロード」「セイラム」でした。

 

遊んだゲーム

 

・Palais Royal / パレ・ロワイヤル
18人いる召使いを使い、王宮の中をウロウロさせながら貴族タイルを集めるゲームです。貴族タイルの点数と、庭園の回廊のコマ数で点数を稼ぎます。最初にお金を増やすタイルを取り、金持ちプレイを目指しましたが、回廊プレイをおろそかにして敗北しました。

f:id:boardgamesendai:20170305011604j:image

 

・ヒット・ザ・ロード / Hit The Road
パッケージから想像つきにくいですがゾンビゲーです。コンポーネントは余すことなく最高ですが、ルールブックやカードの効果を見ながら、盛り上がりに欠けるのでは?と思っていましたが、後半盛り上がる盛り上がる。素晴らしいバランスで脱落していきます。人を選ぶゲームですが生き残った時は思わずガッツポーズでした。2位でしたが。

f:id:boardgamesendai:20170305011623j:image

 

・PELOPONNES / ペロポネソス 海拡張入り
建物、資源のタイルを競りながら、訪れる災害に耐えて、人口を増やし勝利点を競います。インストを聞きながらすでに胃が痛くなるようなゲームでしたが、3人でのプレイだったため、さほどバッティングせず発展できました。それにしても12点で敗北。文明を築くのも楽じゃねぇな。

f:id:boardgamesendai:20170305011638j:image

 

・デモンワーカー / DEMON WORKER
ワーカープレイスメントですが、ワーカーはデーモンで、召喚してはじめてワーカーとして使用できます。デーモンにもそれぞれ固有の能力や勝利点があり、最初にドラフトしながら自分の手札のデーモンを決めていきます。4人全員初めてでしたが、77点で勝利しました。5ラウンドしかないので早期召喚大事!

f:id:boardgamesendai:20170305011648j:image

 

・BLUFF / ブラフ
(絶対積んでないやろ・・・)この日、何回も何回も横で遊ばれていたゲーム。最後に参加しました。ダイスを振って、同じ目が何個出たかを予想して、外れているのを指摘されると(あるいは指摘が外れると)手持ちダイスが減っていき、最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。最初にダイス1個になり、その後粘りに粘って敗北しました。

f:id:boardgamesendai:20170305011656j:image

 

その後、「ヘイヘイ、今日はどこのガスト行く?」なんて話しながら、一番近いガストで夕食会。大変有意義な時間を過ごさせていただきました。※ドミニオンは一度もプレイしませんでした。

 

主催の遊ぶ会さま、ゲームをお借りした方、一緒に遊んでくれた方、ありがとうございました!

 

2017/2/12 名取盤友会 第85回ゲーム会

参加イベント

02/12 名取盤友会 第85回ゲーム会@東部市民センター 大広間 滞在時間15:00~19:45

 

本日は昼から銭湯行ったりTUTAYAに行ったりのんびりしすぎたもんで開場2時間後の現地到着。中途半端な時間の到着で待ち時間が長くなってしまいました。反省。

 

本日遊んだゲーム

 

世界の七不思議
7つのワンダーから選ばれた自分の都市を発展させて勝利点を競います。今回はバビロンの空中庭園担当。緑色の化学建造物を揃えていく戦術なのでしょうが、両隣がまったく製造物開発をしておらず(他人任せ)、お金余りまくりの方向性が定まらないまま敗北しました。

f:id:boardgamesendai:20170213011454j:image

 

ラミーキューブ
手持ちのタイルを、同数字や連番で場に出し繋げて、手元のタイルを一番最初に無くしたプレイヤーが勝利のゲームです。1手番目からサクサク進めていたつもりですが、何巡目かであっさり他のプレイヤーにあがられてしまいました。若干消化不良っす。

f:id:boardgamesendai:20170213011525j:image

 

・ドメモ
自分の手元の数字を、他のプレイヤーの数字と場の数字から推理して当てていき、最初に全部当てたプレイヤーが勝利です。最後3人が残り1枚のところでギリギリフィニッシュで勝利。

f:id:boardgamesendai:20170213011543j:image

 

・スーパーバンパイア
指でちびっこバンパイアを押して屋根のニンニクを回収します。制限時間を他プレイヤーがダイスを振って出目で決めるのですが、大人のダイスの振り方の早さ尋常じゃないです。本気出しすぎ。ニンニク回収なんと0個でフィニッシュでした。子供だったら泣くよ?だって自分大人だけど泣きそうだったもん。ちなみに日本語タイトル「ヴァンパイア」じゃなくて「バンパイア」なのが子供っぽくてむしろ良いと思います。はい。

f:id:boardgamesendai:20170213014155j:image

 

・OREGON
西部の開拓者になり、開拓した土地に人を配して勝利点を競います。手持ちのカードの組み合わせで開拓や人を配しますが、先読みや上手くカードを組み合わせる事でうまく得点に結びつけていきます。終始良い展開ではなかったですが1位と大きく突き離されつつなんとか2位に。

f:id:boardgamesendai:20170213014210j:image

 

ヨーヴィック
カードをキリキリと競りながら、自身のヴァイキング氏族を発展させていきます。夏の後半まで進みましたが時間切れでお片付けとなりました。ダントツ勝っていたので残念です。嘘です。

f:id:boardgamesendai:20170213014217j:image

 

ゲーム会終了後は恒例になりつつあるお食事会へ。そこそこの大人数になるので、入りやすいサイゼリアが多いのはお約束ですが、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

主催の名取盤友会さま、ゲームをお借りした方、一緒に遊んでくれた方、ありがとうございました!

 

DEAD OF WINTER: THE LONG NIGHT / デッド・オブ・ウインター: ロングナイト

ボードゲームプレイ

Isaac Vega,Jonathan Gilmour作 2016年 14歳以上 60分~120分

f:id:boardgamesendai:20170201234558j:image

 

[概要]
「冬」と「ゾンビ」に支配された世界で、全プレイヤー共通の目的と、自分だけが持つ密命の達成を目指しながら、指定ラウンドを生き残るゲームです。「デッド・オブ・ウインター」の拡張作品で、ロングナイト単体でも遊べますが、前作のカードを全て混ぜて使用することもできます。 

f:id:boardgamesendai:20170201234606j:image
※画像は前作の「デッド・オブ・ウインター

 

[大まかなゲームの流れ] 
ダイスを振って、仲間と共に、最後の砦を拠点として、学校、ガソリンスタンドなど、6つ(選択で+2つ)の施設での探索を行い、有効なアイテムや仲間を手にして目的を達成します。全プレイヤーで達成するべき目的と、自分だけの密命があり、両方を達成したプレイヤーが勝利となります。

 

[ルールと感想]
基本的なルールや手番で行える事は「デッド・オブ・ウインター」と同じです。全プレイヤーが、6面ダイスを生存者に応じた個数振って、そのダイスの数値で出来る行動(主に攻撃か探索)を行います。このゲーム最大の特徴である12面ダイスも健在で、移動と攻撃時には、常に負傷や凍傷、最悪死亡してしまう可能性もあります。
f:id:boardgamesendai:20170201234618j:image
※移動とゾンビへの攻撃時に必ず振らなければならないダイス。12分の1の確率で有無を言わさずそのキャラクターは死亡します。

 

全員共通の砦の目的は、最初に全員で決めたシナリオによって変化します。物資を集める事だったり、一定ターン生き残る事であったり、様々です。

 f:id:boardgamesendai:20170201234639j:image
※右上の数値、上が攻撃に必要なダイスの数値。下が探索に必要なダイスの数値。

 

個人の密命は、ランダムにカードを引いて決めますが、何枚か混ざっている裏切り者のカード内容は、他プレイヤーの足を引っ張るような内容が多く、行動を怪しまれると、他プレイヤーの投票によって砦から追放されてしまう事も。

 

1人の手番ごとに引かれる「交差点カード」は簡単にその内容を読まれる事はありませんが、ピンチに陥る事もあれば、チャンスにも転じるような事もある選択をプレイヤーに迫ります。
f:id:boardgamesendai:20170201234645j:image
※ロングナイトでは、成人向けの交差点カードもあります。このゲームをプレイしている時点で更に危険なカードとはいったい・・・

 

そして、デッド・オブウィンターが高難易度と言われる所以「危機カード」今回も物資が足らなくなること必至です。

 

これら以外にも、全てのカードが新しく追加されており、ロングナイトのカードだけでも、または前作のものを混ぜても遊べます。

 

ロングナイトで、新たに増えたルールは
・「1番隊の投票」・・・1番隊(最初の手番プレイヤー)を投票のうえ続けられる
・「ランダムな施設」・・・これを指示された場合、ダイスを振って1~6の施設を選択する。
・「絶望トークン」・・・薬などで治療できない負傷
・「反抗的な無力者」・・・1人で2人分の無力者
・「爆発罠」・・・踏むとゾンビを一掃するバリケード
・「墓地の追加」・・・死んだキャラクターを置いておくだけの場所
f:id:boardgamesendai:20170201234657j:image
死んだキャラクターを置いておくだけの場所だけど意味はある。多分。

 

そして今回のロングナイトにおいて、恐らくメインになるであろう3つのモジュールが追加されました。これらはどの組み合わせで使ってもよく、どれも使わなくてもよいもので、難易度や世界観が大きく変化します。

 

①「増設モジュール」使用すると難易度大幅ダウン!
砦での生活の質を向上する事ができます。すなわち砦に戻ると傷を治したり、砦のゾンビを減らしたり、ダイスを1個増やしたりできる設備を増設できるようになります。もちろん簡単には作れませんが。
f:id:boardgamesendai:20170201234707j:image
※ランダムに表を向けた4枚から選んで増設していきます。

 

②「盗賊モジュール」使用しても難易度は大きく変わらない
盗賊のアジトの施設が増えます。盗賊は生存者扱いで、各施設に現れ、そこから物資をもっていきます。ゾンビも盗賊が施設にいればそのぶん増えます。追放者が盗賊の頭目になることも。
f:id:boardgamesendai:20170201234719j:image
※盗賊が持って行った物資は、アジトで取り返す事もできます。

 

③「ラクソン製薬モジュール」難易度大幅アップ!
ラクソン製薬の施設が増えます。ラクソン製薬の支援カードは、超強力な武器や、ダイスで毒にも薬にもなる謎のカプセルなど他では手に入らないものがありますが、探索するだけで感染判定が必要です。また封印という手順があり、これに失敗すると実験体が施設からどんどん湧いてきます。これがヤバイ
f:id:boardgamesendai:20170201234727j:image
※簡単に倒せるのもいますが、ほとんどは癖のある嫌な奴らです。

 

初めてデッド・オブ・ウインターをやる方には少し覚える事が多くなりますが、基本的なルールがそんなに複雑ではないので、ロングナイトからはじめても十分楽しめると思います。前作を楽しく遊んだ方ならばこれらの新しいモジュールを使って、様々なシナリオを何度でも挑戦できると思います。なんといっても単独で遊べる拡張は素晴らしいですね。

 

ゾンビが好きな方はこちらの記事もどうぞ!

2017/1/29 名取盤友会 第84回ゲーム会

参加イベント

01/08 名取盤友会 第83回ゲーム会@仙台市生涯学習センター 第2セミナー室 滞在時間14:00~19:45

 

仙台駅東口での開催。駐車場がないので、この会場へは電車で来てラーメンを食べてから会場へ向かうのがマイルールです。いつもラーメン屋に並んでしまい、13時の開場に合わせて家を出ているのに、14時になってしまうのがお約束ですね。まぁどうでもいい話ですが。

 

本日遊んだゲーム

 

ワイナリーの四季
タイミングよく始まるところだったので参加させていただきました。正式な日本版はまだ発売されていませんが、すでに3回も遊ばせていただけているのはラッキーです。さて初めてのプレイでは訳もわからず19点到達するも敗北。2回目のプレイでは高級ワインを貯めこんでいる途中で一気に加点され敗北。これらの反省を踏まえ、無駄無く地味に加点していく作戦で、激しいブーイングの中、ついに念願の24点勝利を収めました。

f:id:boardgamesendai:20170130003358p:image
※ボードの下のー「ワイナリー経営」疑似体験ゲームーの文字に、昭和テイストの渋さを感じますね。

 

勝利の余韻に浸っていると、隣で10人くらいがアイスクールで盛り上がっています。ちらりと横目で見ながら、勝利のワインを片手に「ふふん」と次のフランスのゲームに参加しました(アイスクール楽しそうだったな)

 

・オルレアン
ドイツのフランスのオルレアンのゲームです。つまりフランスのドイツのローマ帝国のゲームですね。色々な職業のチップを使って、自分のおこなう行動を決めていき、勝利点を競います。初めてのプレイでしたが、思ったよりルールに複雑さは感じませんでした。どういう手順が勝利につながるのか把握できないまま最下位に。次はこうしようという色々な方法論でまたプレイしてみたくなるゲームでした。

f:id:boardgamesendai:20170130003411p:image

 

・キャント・ストップ
まだ2つしか遊んでいないのに、気付けばそろそろ終了時間・・・余った時間でキャント・ストップ。4つのダイスを振って3つの自分のコマを一番最初に頂上に進めたプレイヤーが勝利です。ゲームの後半はどんどんバーストするので、行くか進むか性格がもろにでますね。後半慎重になりすぎて惜しいところで勝てませんでした。

f:id:boardgamesendai:20170130003423j:image

 

今回は4つほどゲームを持っていきましたが結局遊ばず(というか3つしかできなかったのが結構衝撃)久しぶりのゲーム会だったので、まだまだ足りないテンションでした。

 

終了後は有志のみなさんと大戸屋へ。有意義な時間を過ごさせていただきました。ん~ヘルシー。

 

主催の名取盤友会さま、ゲームをお借りした方、一緒に遊んでくれた方、ありがとうございました!

KNIT WIT / ニット・ウィット

ボードゲームプレイ

Matt Leacock 作 2016年 8歳以上 15分

f:id:boardgamesendai:20170122213259j:image

 

[概要]
KNIT = 編む、密着結合する
WIT = 理知、知力、機知、機転
パンデミックシリーズを作ったデザイナー「Matt Leacock」の作品

 

[大まかなゲームの流れ] 
糸巻きを立て、囲むように糸の輪を置き、そこにランダムに指示される言葉を組み合わせて、全員が納得し、又他のプレイヤーと同じにならない言葉を考え、得点を競う。

 

[ルールと感想]
ゲームは「編む」「回答」「得点」の3つのステップに分かれています。

 

①「編む(KNIT)」
糸巻きを囲むように糸の輪を置き、言葉の書かれたタグを洗濯バサミに留めます。その後、自分の糸巻きを糸の中の輪に配置します。

f:id:boardgamesendai:20170122211147j:image
※この場合1の回答は「冷たい」「中身のない」もの。2の回答は「中身のない」もの。

 

 

②「回答(WIT)」
糸巻きを囲んである糸のワードタグ全てに合致する言葉を考え記入します。ただし他のプレイヤーと同じ回答を書いてしまうと0点です。言葉の糸で多く囲っている糸巻きほど得点が高くなります。

f:id:boardgamesendai:20170122210442j:image
※全部置き終わってから一斉に回答を記入し始めます。回答を早く終えたプレイヤーからボーナス点もあります。

 

③「得点」
より早く回答を記入し、また総合的に全員が納得する言葉を多く書けたプレイヤーが勝利します。

 

 

総合的な作品として「素晴らしい」という感想です。外箱の作り方や、コンポーネントの収め方。裁縫箱のような箱に差し込みのカバーをつけて、蓋には丁寧に磁石が入っています。内箱にも美しくコンポーネントが収まり、色が映えるように黒でしっかり作られています。

f:id:boardgamesendai:20170122210206j:image

 

タイトルは、言葉遊びなだけでなく、ゲーム内容に対して的確、矛盾も感じさせない造語であり、コンポーネントからは想像できないほど、単純で、誰でも楽しめるというルール。そして周りで見ていても、写真で見ても興味を引くビジュアル。

ニットの言葉の部分で生み出されるコンポーネントが、糸巻きであったり、そこに巻いていく糸の色の選び方や、解答用紙のデザイン。ワードを洗濯バサミで挟ませるセンス。

 

ワードの選び方が大人だけなら大人の発想で楽しめ、子供を交えても考えられるワードタグ。そして、回答の自由度をプレイヤーに委ねるルール作りの楽しさ。

f:id:boardgamesendai:20170122212507j:image

 

 

ゲームを楽しかったか、楽しくなかったかでいえば意見は別れると思います。一緒に遊んだ中に、ウィットに富んだプレイヤーが一人もいなければ、平坦で盛り上がりに欠けるでしょう。

個人的なお勧めは、回答に縛りをつける。例えば動物縛り、ボードゲーム、アダルト縛りなど。そうでなければ、同じ価値観、趣味の合う友達と遊ぶと楽しめるんじゃないかなと思いました。

 

ここまで細部にこだわり、かつ値段的に最近のボードゲームの中では安めに抑えているのは本当に素晴らしいと思います。特にディティールにこだわる日本人には納得いく作り込みなのではないでしょうか。ゲーム性だけで売っている、適当な内箱のボードゲームもこれに見習えば、箱を開けた時の楽しみももっと増えるのになーと思いました。

 

大きめのダイストレイを作ろう

その他

ボードゲームに限りませんが、いつも108円ショップや、ホームセンターに行くたびに、仕事に使えそうなものとか、コンポーネントの収納とか、遊ぶ時に使えそうな物はないかなーと彷徨っている皆さん、そして僕へ朗報です、なかなか使い勝手のよいダイストレイができました。「作り方を早く言いたい〜♩」ですが、経緯や蛇足を書くので長くなります。さっさと知りたい方は、飛ばして下の方まで進んでもいいですが、実は作り方は真ん中ぐらいに書いています。

 

ある日ホームセンターで「ウレタンフォームを使って小物入れを作ろう」というディスプレイを見て思いました。これ、よく写真とかで見るいわゆるダイストレイじゃん。と。

 

TRPGボードゲーム専門店で売っているダイストレイは、高価なので使った事がありません。似たような形のものは、使えるかな…と思いつつ見かける度に買っていました。

 

参考画像① 108円ショップ、ダイソーの小物入れ
(騙されてはいけません。ダイソーの商品は108円です)このトレイは、逃げゾンビのダイスには狭すぎます。あと妙に跳ねやすくダイスが外に逃げる。

f:id:boardgamesendai:20170119221817j:image

 

 

参考画像② ニトリのコンパクトトレー500円くらい
このトレイは、逃げゾンビのダイスには狭すぎます。あと角ばっているのでダイスが斜めによく止まり、それがもし微妙に6の目で、街コロのビジネスセンターを持っていたら、みんなに振り直しを強要される事は避けられません。

f:id:boardgamesendai:20170119222214j:image

 

 

そこでやはり、素材があるならば自作してみようと思うのが漢の性(つまりロマンシングサガ)です。

 

 

材料

・ウレタンフォーム180円(幅約300mm×450mm 厚さ2mm)
赤とか青とか、様々な色のものが売っていました。ウレタンフォームはネットで検索してみましたが、同じようなものは見つかりませんでした。適当に探してみて下さい。とりあえず素材はウレタンで間違いありません。

f:id:boardgamesendai:20170119223359j:image

 

・カシメ 確か90円くらい
皮の工作などで使用するもの

f:id:boardgamesendai:20170119223616j:image

 

 

作り方

 

・ウレタンフォームを適当な大きさにカットします。私は今回はあまり深く考えず半分に切りました。

 

・四隅をつまんで穴をあけます。私はあまり深く考えず近くにあったメガネ用のプラスドライバーをぶち込みました。穴は簡単にあきました。

f:id:boardgamesendai:20170119224150j:image
※写真は第四使徒シャムシエルではございませんのでご安心下さい。

 

 

・あけた穴にカシメをつけます。

f:id:boardgamesendai:20170119224458j:image
※ペンギンではありません。

 

 

・完成です。これでようやく逃げゾンビができます。

f:id:boardgamesendai:20170119224640j:image

 

 

お好みの組み合わせで、ウレタンフォームを2枚重ねると、更にエレガントで防音性に優れたものも作れます、

f:id:boardgamesendai:20170119225600j:image

 

 

比較画像

f:id:boardgamesendai:20170119230104p:image

 

また四隅はカシメじゃなくて、ボタンや飾りでもいいと思います。穴のあける場所で高さも調整できます。

 

 

見た目を気にしなければ、クリップでも、結束バンドでも、針金でも、輪ゴムでも何でもいいと思います。まぁそもそも見た目を気にしないなら、適当なボードゲームの内箱でやればいいよ。って思いますけどね。そこにこだわるのがロマンシングサガ2ですね。

f:id:boardgamesendai:20170119230551p:image

 

 

 

 

[おまけ]

最近、家の中にこういうものが落ちていました。

f:id:boardgamesendai:20170119231119j:image

 

作りは雑ですが間違いありません、アレです。猿の尻尾です。そしてその横には余ったフェルトが捨ててありました。

 

f:id:boardgamesendai:20170119231256j:image

 

ちょきちょき

f:id:boardgamesendai:20170119231455j:image

 

完成

f:id:boardgamesendai:20170119231504j:image

なかなかいいね!

 

 

『みんなこの世に作れないものなんてないんだよ。僕らがその気になればなんでも生み出せる。そう、君のその小さな手の中に「未来」はあるのです。』
※ワクワクさんの名台詞集より

 

おしまい。